脂漏性皮膚炎とHIV感染との関連

今回は、「大人の脂漏性皮膚炎」シリーズの第19回として、「HIV感染との関連」についてです。

なお、これまでもご紹介してきた脂漏性皮膚炎 治療ガイド(スマホ版はコチラ)を参照させていただきました。

脂漏性皮膚炎にかかる要因の一つに免疫力の低下があげられ、乳幼児・高齢者が比較的多く発症する理由にもなっています。

それからHIV感染の初期症状として脂漏性皮膚炎が発症することが多いのも、要因は免疫力の低下です。

ストレスや睡眠不足、食生活の偏り、免疫力の低下などが要因となって、皮脂が余分に分泌されるようになり、それが人の皮膚に常在している好脂性のマラセチア真菌を増殖させるのです。

マラセチア真菌は皮脂を分解して遊離脂肪酸をつくり、それが皮膚を刺激して引き起こされるのが脂漏性皮膚炎です。

つまりこの病気は、生活習慣やストレス、皮脂の余分な分泌、マラセチア真菌などが、互いに連鎖しているとも言えます。

健康相談のQ&Aサイトで、ある人がこういう質問をしていました。

「知人が、最近になって頭にひどくフケが出るようになったので皮膚科を受診してみると、脂漏性皮膚炎だと診断された。HIV感染の初期症状でも同じ湿疹が出ると聞いた事があり心配だ。知人はHIVに感染しているのではないか?」といったような質問内容でした。

HIVに感染すると免疫力が低下するため、多様な病気にかかりやすくなります。例えば、風邪も引きやすくなります。だけど、風邪を引いているからといってHIVに感染しているというわけではありません。

同様に、脂漏性皮膚炎だからといってHIVに感染しているというものでもないのです。

確かにHIV感染について調べてみると、初期症状として全身倦怠感、下痢、発熱などとともに脂漏性皮膚炎があります。

多くのHIV感染者が同じ湿疹を発症していると言われているのも事実です。

心配な場合は、早めにHIV検査をする事をお勧めします。

脂漏性皮膚炎と思われる症状があるのであれば、できるだけ早めに皮膚科を受診することが大切で、もし最近1年間のうちにHIV検査を受けていない方は、念のためHIV検査も受けられることをオススメします。

その場合は、ウィンドウ期(ウィンドウピリオド)と言われる検査が正確でない期間に注意して、心当たりがある時から「3ヶ月」以上経過してから検査するようにしましょう。

もちろんHIV感染が疑われるのは、脂漏性皮膚炎だけではありません。

以前にも取り上げたように、STD(性感染症)等についても同様です。

もしすでにHIV感染者であるとわかっている方であれば、これらの病気にもかかりやすい状態になっていることを、あらためて認識すべきなんでしょうね。

【PR】HIV+(陽性者)限定SNSなら >> セカンドライフSNS

2lbaner46860

【PR】スマートフォン・タブレット利用者なら >> LINE@SECOND LIFE


>> COMMENT~コメントはお気軽にどうぞ~

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
*が付いている欄は必須項目となります。

*

認証コード *