エイズ発症前の症状~いきなりAIDSになる前に~

昨日、急性HIV感染症について簡単にまとめましたが、これは「HIV感染の初期症状」であって、「AIDSエイズ発症前の症状」ではありません。

ネットで検索すると、HIVとAIDSという言葉が混同して使われることが多く、そのほとんどが「HIV感染の初期症状(急性HIV感染症)」についてまとめてあることが多いようです。

ところが、急性HIV感染症はしばらくすると見られなくなり、ほとんど自覚症状が見られない「無症候期」になってしまってしまうため、HIV検査をしない限り、それと気づくことはありません。

先日、いきなりエイズでふれたように、最近、HIV感染に気づかないまま、エイズ発症と同時にHIV感染に気づく方が増えていることが問題になっています。

いきなりエイズ発症となった場合は、このブログでもまとめてきたように、深刻さの度合いがより大きくなってしまうので、できるだけ早めに医者にかかり、HIV感染であることを認識することが重要になってきます。

正直なところ、自覚症状だけでは専門医ですら判断が難しいので、そうならないためにも定期的な(少なくとも1年に1回以上)HIV検査が重要になってくることは言うまでも無いことだと思います。

今回は、エイズ発症前の症状について、簡単にまとめてみたいと思います。いきなりAIDSとなる前に1日でも早く気づくために。。。

最初に、ポイントを整理すると。。。

  1. STD(性感染症)にかかっている場合は、医者に相談するかHIV検査する。
  2. エイズ発症前に多い気になる症状がある場合は、医者に相談するかHIV検査する。
  3. エイズ発症の中でも「免疫力が高くても発症する(軽度の)症状」が見られる場合は、1日でも早く医者に相談する。
  4. その他の(重度の)エイズ発症となった場合は、1日でも早く専門の医療機関に相談する。

1から4になるに従って、深刻度合いが大きくなってしまいますので、何度も繰り返しますが、「早め早めに対処すること」が大切になってきます。

1)STD(性感染症)にかかっている場合

HIV感染者は、STD*にかかりやすく、STD患者は、HIVに感染しやすい傾向があるようです。

STDに感染していることがわかった場合は、念のためHIV検査を受けるようにしましょう!

*代表的なSTDとしては、梅毒、淋病・クラミジア感染症、赤痢アメーバ症・肝膿瘍、A型肝炎、B型肝炎、性器ヘルペス、尖圭コンジローマなどがあります。

2)エイズ発症前に多い気になる症状とは

  • 発疹や水ぶくれを繰り返す
  • 長く*続く原因不明の微熱
  • 長期間*繰り返す下痢
  • せきが長く*続く
  • 息切れや息苦しさ
  • 急激な体重減少
  • ひどい寝汗をかく
  • 体のだるさ(倦怠感)

*1ヶ月以上(目安)にわたって上記症状が見られる場合は、要注意です。

3)エイズ発症の中でも「免疫力が高くても発症する(軽度の)症状」とは

免疫力を測る指標として「CD4」の数字で判断しますが、その数値が比較的高い状態でも発症しやすい病気(日和見疾患*)があります。

そういった日和見疾患を、早期発見して適切に対処することが、重症化しないためにも重要になってきます。

*日和見疾患として、口腔・食道カンジダ症、ニューモシスチス(旧カリニ)肺炎、結核、カポジ肉腫の4つが代表的疾患と言われています。

4)その他の(重度の)エイズ発症となった場合

エイズ末期症状となってしまい、命にかかわる状況となってしまいます。そうならないためにも1日も早い「早期発見」が重要になります。

上記のうち、1と3については、ACC(国立国際医療研究センター エイズ治療・研究開発センター)がお医者さん向けにまとめているので、参考までにご紹介しておきます(2016/09/04現在、残念ながらアクセスできないようです。)。

医療機関での早期発見(エイズ発症前に診断する)

【PR】HIV+(陽性者)限定SNSなら >> セカンドライフSNS

2lbaner46860

【PR】スマートフォン・タブレット利用者なら >> LINE@SECOND LIFE


>> COMMENT~コメントはお気軽にどうぞ~

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
*が付いている欄は必須項目となります。

*

認証コード *