究極のエロス~HIV感染の理由~

総括というわけでもないけど。。。

これまで、本ブログであえて触れなかったテーマをいくつかまとめておこうと思います。

今回は「エロティシズム*」についてです。

*ある意味では「(男性向きの)下品」な話題になるので、興味ない方は、他の記事やサイトに移動して下さいねw

「エロティシズム」って、どういうものなんでしょう?

ちょっとウィキペディアで哲学的な記述を読んでみたけど。。。分かったような分からないような。。。w

他の言葉で言いかえると。。。「性的な興奮」といったことでしょうか。

生と性という漢字で表される言葉「せい」も、よくよく考えると、難解な言葉ですよね。

でも、同じ発音で、違う漢字が存在し、意味も微妙に違っている。。。

なんだか絶妙なバランスのようなものが取れているような気がします。

ちょっと話がドンドン脱線しそうなので、話題を元に戻して。。。

みなさんは、どんなことに性的な興奮を覚えますか?

と、問いかけてみても、答えは「人それぞれ」でしょうね^^;

もちろん正解は一つではないので、そのご自身の答えが「正解」だと思います。

ただ、あえて答えを一つにするとしたら。。。

「自慰(オナニー)行為**で、妄想する内容(いわゆる「夜のオカズ」)」

とも言えるのかも。

**ここでは自分の性器に触れる行為は、あってもなくてもいいと考えます。

もちろん、相手があって、愛を確かめ合うSEXという行為(性器の挿入の有無にかかわらず)も、気持ちが高まる「性的な興奮」があることは間違いないけど。。。

それを超える性的な興奮を覚えるのが「自慰(妄想)」のように思います。

だって。。。

そもそも現実ではない妄想なので、その内容は誰に文句を言われることでもなく、「自由」ですからね!

その妄想を、現実のものにして、お金を取るようにしている商売が「風俗店」なのかもしれませんね。

特に、日本ではあらゆる風俗店が存在していて、中にはマニアックなお店もあるようです。

(自分は詳しくないけど)女性向きのお店は多くないと思うので、女性にはピンとこないかもしれませんがw

そもそも「風俗店」に行ったことはありますか?

社会人だと、つきあいの中でそうしたお店に誘われることも少なくないので、本意ではないまま行ったことがあるという方もいるかもしれませんね。

ただ、先述の通り、あらゆる性的な趣向に合わせて風俗店が乱立しているので、その「趣向」が自分とは違ったお店に連れて行かれても、まったく興奮しないということもあるのかもw

例えば、男性を好きな男性が、女性のお店に行っても楽しくないでしょうからww

また、いわゆる「お店」ではない場合もありますよねw

身体一つあれば、成り立つ「商売」ですし^^;;

自分の意思で風俗店に行くというのも、興味はあるけどお金もかかる(数千円から数万円)し、そもそも病気が心配という方もいるでしょうね。

それじゃあ、料金が低額(1000円~2000円程度)だったら、どうでしょう?

料金の設定は、ある程度ランク分けがあって。。。

たぶん、SEX(性器挿入)があれば1万円以上、なければ(抜くだけなら)数千円というのが風俗店の相場だと思いますが。。。

仮に、1000円から2000円でSEX(性器挿入)も可能だったら、どうですか?

単に、お金の問題なのであれば、そのお店に行っちゃうかもしれませんね。それでも病気が心配という方は少なくないと思いますが。。。

そんなお店があるわけないじゃん(苦笑)

と、鼻で笑われるかもしれないけど。。。(詳細な記述は自主規制しておきますが)実は存在していますよ^^;

それじゃあ、「無料」だったらどうですか?

こうなるとお金の問題では無くなるし。。。

もしそれでも行かないという人は、病気が心配なのか、そもそも性的な興味が無いか、もしくはパートナーだけで満たされている「幸せな方」なんでしょうね。

「出会い系サイト」等も、別の意味(場所代など)でお金はかかるけど、ある意味では「無料」と言えるかもしれませんね。

また、セックスフレンドといった一般人の存在も、ある意味では「無料」ですよね。

厳密に言えば、そもそも無料の場合は「お店=商売」ではないですが。

最後に、「病気の心配が無い」としたら、どうですか?

現実的には、病気の心配が無いということはあり得ないけど。。。

心理的には、あり得ます。

通常の落ち着いた状態で考えれば、当たり前のことが。。。

現実から逃げ出したいと思ったり、通常では無い興奮状態だったり、お酒が入ったりした状態では。。。

一時的にそのこと(自分の中のストッパー)が、忘れ去られてしまう瞬間があります。

「心の隙」

という表現になるのかもしれないですが。

そういった一瞬のタイミングを見計らったように、入り込んでくるのが。。。

「HIV」

だったりするのです。

たぶん、他のHIV感染者の多くもそうだと思うし、自分が感染した理由もそうです。

そういったHIV感染者に対して、あなたは「自業自得」と言い切れますか?

【PR】HIV+(陽性者)限定SNSなら >> セカンドライフSNS

2lbaner46860

【PR】スマートフォン・タブレット利用者なら >> LINE@SECOND LIFE


>> COMMENT~コメントはお気軽にどうぞ~

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
*が付いている欄は必須項目となります。

*

認証コード *