有名人とエイズ

先日、とある国の有名人が亡くなりました。

死因は、あえて書きませんが、本ブログで検索したら出てくる病名です。

その方には、エイズの噂があったようだけど。。。その噂が真実かどうかは、あまり重要なこととは思わないし、論点にするつもりもないものの。。。

個人的には、99%そうであったように考えています。

というか、そもそも「エイズ」という病名は無いんですよね^^;

だから、「○○さんは、エイズで死んだ。」という表現は、全て間違っているという言い方も出来るかもしれません。

日本では、HIVに関する偏見が蔓延しているため、なかなかHIV感染者(ましてエイズで死亡)と公言する人は多くないのですが。。。

強いて言えば、薬害エイズで有名になった(現在は)政治家の人ぐらいでしょうか。

でも、海外では、多くの有名人がHIV感染者であることを公言しています。

有名なところでは、1991年11月に45歳で亡くなったフレディ・マーキュリー(元クイーンのボーカル)や、同じく1991年11月に引退したマジック・ジョンソン※(元NBAのスター選手)あたりです。

※マジック・ジョンソンは治療が進んでいて、亡くなったわけではないですからね(念のため補足)。

正直なところ、有名人がどんな死因で亡くなろうと、死んだという事実には変わりないので、どうでもいいことだと思うけど。。。

仮に、HIV感染している場合、顔バレ(本名と芸名が同じだったら尚更w)しているので、(拠点)病院に行くのも大変でしょうねww

病院じゃなくても、例えば、一般人であれば良く行く「怪しげなお店(風俗店とか)」だったりしたら、すぐに目撃情報が広がるだろうし。。。

有名人が日本で生活するのは、大変なんだろうなと思います^^;;

冒頭で触れた有名人の場合も、海外の(関連)病院で目撃されたという不確かな噂話もあるようですが。。。

海外の病院でさえ、目撃情報が広がるんですから、たまったもんじゃないですよねw

そもそも有名人にならないようにするか、もしくは有名人になったら、開き直って「品行方正」に努めて噂になるような行動は完全に慎まなくちゃいけないのかもしれませんが。

ふと、そんなことを考えた夜勤明けの土曜の朝です。

このところ。。。何人かの方に、記事の評価をしていただいて感謝しております。

なかには「☆一つ(悪い)」という評価もあるようですけど^^;

個人的には、良いという評価と同様に悪いという評価は、(ある意味では)いい評価ではないかと考えています。良くも悪くも記憶にも残らない記事よりは。。。

また、記事の最後にある「コメント欄」やブログ上部にある「CONTACT」を通じて、ご意見もお気軽にお寄せ下さいU^ェ^U

【PR】HIV+(陽性者)限定SNSなら >> セカンドライフSNS

2lbaner46860

【PR】スマートフォン・タブレット利用者なら >> LINE@SECOND LIFE


>> COMMENT~コメントはお気軽にどうぞ~

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
*が付いている欄は必須項目となります。

*

認証コード *