初めての(知人への)告知

これまで、自分がHIVに感染しているということを(間接的な内容を含めて)話したのは。。。

2~3人といったところなのですが。。。

それも見知らぬ人(二度と連絡できないだろうし連絡したいとも思わない人)だったりしますw

以前、本ブログでも触れていましたが、あえてどの記事かも紹介しないでおきますww

その見知らぬ人へ告知したことで、感じたことと言えば。。。

「世間の風当たり」

ぐらいでしたし^^;

HIVの治療(服薬)において、周囲の人への告知は必須では無いのですが。。。

(入院を伴う)エイズの治療となると、そうも言ってられないのかもしれないと。。。覚悟はしていたりします。

ただ、多大なショックを受けることは容易に想像できるところなので、できればその機会は遅い方がいいと個人的には思っています。

拠点病院の担当医としては、告知しておいて欲しいといった直接的な話はされないけど、暗にそういう話になることはあるのですが。。。

今のところ。。。それと気付いていないように振る舞っています^^;;

先日、ご紹介した大阪医療センターの「日常生活とセックスライフ」の中にも、周囲の人への告知について、まとめている部分がありますが。。。

文章にするとその通りだとは思うけど。。。

実際に、どうなのかというと。。。

その言葉通りとは言えないような気がしています。

「誰に」話するか。。。ということですが。。。

これは非常に難しいところです。

どれくらいの深いつきあいなのかにもよると思うし。。。その人のHIV(エイズ)への偏見度合いにもよると思うんですよね。

自分自身も含めて、HIV(エイズ)に関しては、偏見(誤った知識を含む)を大なり小なり持っていると思うし。。。

その度合いは、少々話したぐらいでは推し量れないものだと感じます。

その偏見を、自分とのつきあいの中で説得できる関係ならば、告知してもいいと思うけど。。。

それができない程度の関係であれば、話をするべきではないと思います。

例えば、面と向かって理解してくれているような話をしているのに、影でウワサ話をされたりしたら。。。

その事実を知ったとたんに、告知した側の自分自身が後悔の念にとらわれそうですw

ある意味で「絶妙な関係」が求められるのかもしれません。

実は、先日、東京に行った際に、連絡の途絶えていた知人を探して。。。

なんとか見つけたので、タイミングをみて告知してみました。

顔と名前の一致する人に告知したのは、その知人が初めてでしたが。。。

ちょっと驚いたようでしたけど。。。「そうなんだ」という感じでした。

何かを期待して告知したわけでは無いけど。。。

話をしたことで、少し気分的にラクに感じたように思います。

誰でもいいから。。。とは言い難いけど、他の人に話をすることは重要だと再認識させられました。

HIVに感染したから。。。というわけでも無いけど。。。

HIVに感染すると、それまでの自分の「周囲とのつきあい方」が問われるのかもしれませんね。

告知をしてもいい関係を築いてきたのか。。。

もしそうでないと思うのであれば、今後のつきあい方を再考すべきなのかもしれません。

そのタイミングが遅すぎるということは無いと思うので、今一度、考えてみるといいかもしれませんよ。

貴方がHIVに感染していると仮定して。。。

(医療関係者以外の)誰にそのことを相談(告知)出来ますか?

【PR】HIV+(陽性者)限定SNSなら >> セカンドライフSNS

2lbaner46860

【PR】スマートフォン・タブレット利用者なら >> LINE@SECOND LIFE


>> COMMENT~コメントはお気軽にどうぞ~

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
*が付いている欄は必須項目となります。

*

認証コード *